えいごのべんきょう中 (たぶん)

英語多読・多聴・多視聴で攻略した作品の覚書

The Flash Season 6 Episode 5 -Kiss Kiss Breach Breach

英語筋力トレーニングのつもりで海外ドラマを英語字幕で視聴した感想もしくは覚書。

英語での把握力が疑わしいため、勘違いしている可能性大。 

 f:id:Miyelo:20191010165055j:image

以下、スポイラーあり。

Lying in State

Lying in State

  • Ki:Theory
  • エレクトロニック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

クライシスの前に2日間のバカンスに出かけることにしたバリーとアイリス。

バリーが留守の間はシスコがスターラボを仕切ることに。

シスコはB.A.R.R.Yというバリーの思考パターンを模したAIを作っており、困った時はこれに相談するから心配ないとバリーとアイリスを送り出す。

バリーの留守中、シスコはラボに常駐。ラルフとフロストはラムジーの行方を探すことに。

スターラボに泊まり込むことにしたシスコとカミラ。

その夜シスコは夢遊病で危うく自分の髪を切りそうになる。夢遊病に動揺するシスコはこれが初めてではないとカミラに言われてさらにショックを受ける。

そこにジプシーの父親ジョシュアがアース19からシスコを訪ねてくる。

エコーという名のハッカーを追跡中ジプシーが殉職したという。ジョシュアはバイブの能力で犯人を捕まえる協力をして欲しいというが、シスコは自分はもうメタではないと説明した上で犯人捜査には協力することに。
一方、ナッシュを尾行して地下にまでついてきていたジョー。ナッシュが扉を爆破しようとしたときに落盤し、2人地下道に閉じ込められてしまう。


ジプシーの死とエコーの正体はショックだったがシスコがクライシスでバリーが死ぬ運命であることを助けることができないことやジプシーの死を受け入れ、前に進めた気がするといった時はよかったと思うと同時になんだか寂しくもなったり。
ナッシュにはモニターに関して期待していたのにいきなり地下道に閉じ込められて、役に立ってくれなさそうな展開にガッカリしかけたけれど、ジョーとのシーンはとてもよかったし、バリーが死ななくてもいい方法を知っていると言ってくれたので、みんなと協力する気になってくれて良かったと。

ケイトリンはもう一度ラムジーを説得しようとするけれど、もう聞く耳は持たない感じだ。ラムジーはクライシスに関係するのか、それともクライシス後の展開になるのか。