えいごのべんきょう中 (たぶん)

英語多読・多聴・多視聴で攻略した作品の覚書

Supernatural Beginning’s End #1

サムが家出をするまでの話。

www.comixology.com

 

 2001年、サムは高校の卒業式も欠席させられて、ジョン・ディという男にメアリーの死の手がかりをもとめて一家でNYに向かうことになったことに不満たらたら。
 そもそもいつになればこんな生活が終わるのか、ジョンに対して不満をぶつけずにはいられない。ジョンもサムが的を得たことを言っているとわかっているので、まともに反論することもできずにグッと堪えている。ディーンはそんな2人に挟まれて、困っている。

 やっぱりお母さんの記憶がない分、真犯人探しといっても、それで普通の暮らしができないことへのストレスはサム大きいようで、ついに不満を爆発させ、暴言をはきジョンに殴られてしまう。

 サムに手をあげたジョンにディーンもショックを受けていた。終始2人がいがみ合っているのはディーン相当辛いだろうなぁ。

 サムもスタンフォードへの道が開そうなのに、進学も許してもらえそうな気配なく。このままだと未来もなにも棒にふってしまいそうで絶望的な気分になるというのも理解はできる。

f:id:Miyelo:20191101142844j:plain