えいごのべんきょう中 (たぶん)

英語多読・多聴・多視聴で攻略した作品の覚書

Supernatural: Rising Son #3

 なかなか戻ってこないジョンを心配したディーンは様子を見に行く。

www.comixology.com

 

 

 ジョンと巨大な化け物が戦っているのを目撃して動揺するが、ディーンがいることに気がついたジョンに呪文を読むよう手帳を渡され、ディーンが呪文を唱えている間にジョンは化け物を撃退、サムを救出することに成功する。

 サムは自分が誘拐されたことのまったく気がついていなかったので、ジョンはサムにはまだ真実を話さないでいることに決める。 次の行動を決めかねて、ジョンはボビーを頼る。ボビーは快くジョンと子供達を迎え入れてくれ、ジョンにサイラスという男を訪ねるようアドバイスする。

 サイラスは病床にあったがジョンに”もう一人の息子の準備をすすめるように”とアドバイスする。それをディーンを鍛えることだと理解したジョンは翌日、ディーンを森に連れて行き、銃をもたせて鹿を一人で追わせる。

 ディーンは困惑したままジョンに従うが、途中一人でいることを嫌ったサムが現れ、ディーンよりも先に鹿をしとめる。しかもサムを森まで送ってくれたのは黒服をきた見知らぬ男だというのだ。ジョンはもう一度サイラスを訪ねるが、サイラスはすでに惨殺されていた。 

f:id:Miyelo:20191015114021j:plain

 今回はディーンの劣等感がどんどんと深まっていく。ジョンの期待には答えられない。サムの方がはるかに優秀で、ジョンもそう思っていることなど立ち聞きしてしまい、ついに”何をさせたいのかわからない!”とジョンにキレる。いくらジョンの手帳を読んで、ある程度は理解したとはいえ、やはりジョンの口から説明してもらいたいだろうし。訓練するにしてもなぜ必要なのかまず話すべきだと思う。 加えて、空気を読めないサムがちょっと憎たらしい。まぁ、末っ子だからしょうがないか。