えいごのべんきょう中 (たぶん)

英語多読・多聴・多視聴で攻略した作品の覚書

Supernatural - Nevermore

My Read Time: 16 days

Supernatural - Nevermore

Supernatural - Nevermore

 

 アッシュの頼みで自宅で起こるオカルト現象に悩まされているバンドマン、マンフレッドの件を調べに、NYに向かうことにしたサムとディーン。サムはNYで起こっている不可解な事件がエドガー・アラン・ポーの小説を彷彿とさせることに気がつき、そちらも同時に調べることにする。

  Season 2 Episode 8 - Crossroad BluesとEpisode 9 - Croatoanの間に該当するお話。

 

 といっても、

・ジョンパパが悪魔と取引してディーンを助ける代わりに死亡。

・ディーンはシェイプシフターのせいで指名手配になっている。

・FBI捜査官のビクター・ヘンリクセンが二人を追っている。

・ジョーとエレンとちょっと気まずい。

ぐらいを思い出しておけば大丈夫な感じ。

 

 クラッシク・ロックネタとエドガー・アラン・ポーネタとNYの交通事情と駐車の困難さがとことん書き込まれていて、ウィンチェスター兄弟は終始インパラの駐車場所と渋滞をいかにして抜けるかに悩まされていた印象が。

 ディーンの音楽のこだわりと、サムのエドガー・アラン・ポーへのこだわりも細かくというか相当マニアックにかきこまれていて、読みながらどっちのトリビアも書き出したい衝動にかられた。

 ロックの方はこれ聴きながら書いたから、これ聴きながら読んでねと巻末にプレイリストが載っていた。

 サムのお兄ちゃんいじりが楽しく、ディーンはディーンな感じ。社交はサムに完全委託。サムはどういえばディーンがどんな反応をするか見越していてそれを終始楽しんでいる感じ。ドラマの雰囲気そのままに読みやすく楽しかった。 いま思えば、この頃はまだ二人ともそんなにトラウマ負ってないしね!